Beauty Topics

気温や乾燥だけじゃない?!口角炎の原因

気温や乾燥だけじゃない?!口角炎の原因

口角炎とは、口の両端にできる炎症や傷のことを指します。 一度炎症が起こると治るまでに時間がかかるので、中々厄介ですよね…。 口周りの肌が乾燥しやすい環境や低い気温が続く特に今の時期に起こりやすい症状です。    口角炎のその他の原因とは?   ビタミンB2の不足 ビタミンB2は、肉類や魚介類、卵や乳製品など多くの食品に含まれており、ある程度バランスのとれた食事を摂っていればビタミンB2の不足は起こりにくいと言われています。 ただし、気を付けたいのがアルコールと脂っぽい食事、甘いものの3つ。 脂質や糖質を摂り過ぎると、体内のビタミンB2が脂肪と糖質の代謝に大量に使われ、不足しやすくなります。 アルコールも脂肪の分解を妨げる為、代謝に使われるビタミンB2を余計に消費してしまうことに。   鉄分の不足 コーヒーや紅茶に含まれるタンニンやカフェイン、またはカルシウムや食物繊維が鉄分の吸収を妨げることがあります。 鉄分を効率的に吸収する為にはビタミンCやヘム鉄、ビタミンAなども一緒に摂ることがおすすめです。   その他、ウイルスや細菌などが原因となる場合もあります。   口角炎を早く治す為には?   保湿 口角炎は乾燥した状態で悪化することがあります。 リップクリームや保湿はもちろん、十分な水分を摂ることも大事です。     栄養の改善 ビタミンB2や鉄分の不足が原因の場合は、油っこいメニューや甘いもの、アルコールやコーヒーなどはしばらく控え、栄養バランスのとれた食事を意識しましょう。   口角炎が続く場合は、細菌感染などの原因も考えられます。 歯科医師や皮膚科医に相談して適切な診断と治療を受けることが重要です。

気温や乾燥だけじゃない?!口角炎の原因

口角炎とは、口の両端にできる炎症や傷のことを指します。 一度炎症が起こると治るまでに時間がかかるので、中々厄介ですよね…。 口周りの肌が乾燥しやすい環境や低い気温が続く特に今の時期に起こりやすい症状です。    口角炎のその他の原因とは?   ビタミンB2の不足 ビタミンB2は、肉類や魚介類、卵や乳製品など多くの食品に含まれており、ある程度バランスのとれた食事を摂っていればビタミンB2の不足は起こりにくいと言われています。 ただし、気を付けたいのがアルコールと脂っぽい食事、甘いものの3つ。 脂質や糖質を摂り過ぎると、体内のビタミンB2が脂肪と糖質の代謝に大量に使われ、不足しやすくなります。 アルコールも脂肪の分解を妨げる為、代謝に使われるビタミンB2を余計に消費してしまうことに。   鉄分の不足 コーヒーや紅茶に含まれるタンニンやカフェイン、またはカルシウムや食物繊維が鉄分の吸収を妨げることがあります。 鉄分を効率的に吸収する為にはビタミンCやヘム鉄、ビタミンAなども一緒に摂ることがおすすめです。   その他、ウイルスや細菌などが原因となる場合もあります。   口角炎を早く治す為には?   保湿 口角炎は乾燥した状態で悪化することがあります。 リップクリームや保湿はもちろん、十分な水分を摂ることも大事です。     栄養の改善 ビタミンB2や鉄分の不足が原因の場合は、油っこいメニューや甘いもの、アルコールやコーヒーなどはしばらく控え、栄養バランスのとれた食事を意識しましょう。   口角炎が続く場合は、細菌感染などの原因も考えられます。 歯科医師や皮膚科医に相談して適切な診断と治療を受けることが重要です。

冬に不足しがちなビタミンD

冬に不足しがちなビタミンD

冬は、低い気温や乾燥した空気の影響により、いくつかの栄養素が不足しがちなのはご存じですか? 今の季節は日照時間が短く、屋内で過ごす時間が増える為、紫外線によるビタミンDの合成が減少します。     ビタミンDの不足は美容にどのような影響がある?    肌トラブルや乾燥 ビタミンDが不足することで肌のターンオーバーや修復が遅れがちになる為、肌トラブルや肌の乾燥を引き起こす可能性が指摘されています。 肌の老化 ビタミンDには抗酸化作用もある為、不足することで外部からのダメージにより肌のくすみやシミの発生につながる可能性があります。 美容以外にも、ビタミンDはカルシウムの吸収などに重要な役割を果たす為、不足すると骨の健康に影響を与える可能性もあります。    ビタミンDの上手な摂り方    ビタミンDは太陽光以外にも食事やサプリメントを通じて摂取できます。 ビタミンDは主に魚、きのこ類、卵(卵黄)に含まれ、肉や野菜にはほとんど含まれていません。 脂肪が多い魚は特にビタミンDが豊富に含まれていますので、この時期の旬の魚を積極的に食べましょう。 <脂肪が多い魚> ・サケ ・イワシ ・サバ ・ニシン ビタミンDは油に溶ける性質があるため、油を使った料理にすることで吸収率がアップします。ソテーやムニエルにするのがおすすめです。      実は缶詰の方がビタミンDが多い?   イワシとサバは缶詰でもよく見かける食材です。 実は生のサバよりも缶詰の方がビタミンDの含有量が多いと言われています。メインとしてでも、もう一品という時でも手軽に利用できる点が魅力ですね。    ...

冬に不足しがちなビタミンD

冬は、低い気温や乾燥した空気の影響により、いくつかの栄養素が不足しがちなのはご存じですか? 今の季節は日照時間が短く、屋内で過ごす時間が増える為、紫外線によるビタミンDの合成が減少します。     ビタミンDの不足は美容にどのような影響がある?    肌トラブルや乾燥 ビタミンDが不足することで肌のターンオーバーや修復が遅れがちになる為、肌トラブルや肌の乾燥を引き起こす可能性が指摘されています。 肌の老化 ビタミンDには抗酸化作用もある為、不足することで外部からのダメージにより肌のくすみやシミの発生につながる可能性があります。 美容以外にも、ビタミンDはカルシウムの吸収などに重要な役割を果たす為、不足すると骨の健康に影響を与える可能性もあります。    ビタミンDの上手な摂り方    ビタミンDは太陽光以外にも食事やサプリメントを通じて摂取できます。 ビタミンDは主に魚、きのこ類、卵(卵黄)に含まれ、肉や野菜にはほとんど含まれていません。 脂肪が多い魚は特にビタミンDが豊富に含まれていますので、この時期の旬の魚を積極的に食べましょう。 <脂肪が多い魚> ・サケ ・イワシ ・サバ ・ニシン ビタミンDは油に溶ける性質があるため、油を使った料理にすることで吸収率がアップします。ソテーやムニエルにするのがおすすめです。      実は缶詰の方がビタミンDが多い?   イワシとサバは缶詰でもよく見かける食材です。 実は生のサバよりも缶詰の方がビタミンDの含有量が多いと言われています。メインとしてでも、もう一品という時でも手軽に利用できる点が魅力ですね。    ...

冬はターンオーバーが遅れがち?

冬はターンオーバーが遅れがち?

毎日、寒い日が続きますね。 ふと顔に手を当てると頬もひんやりと冷たい…。 冬は気温が低く、血行不良が起こりやすい状態です。 寒い環境では、血管が収縮し、血流が減少することが一般的です。 血行不良は皮膚の表面への酸素や栄養素の供給を減少させ、肌のターンオーバーにも大きく関わってきます。   血行不良による肌リスク     ・酸素不足 血行不良により、皮膚細胞への酸素供給が減ることで細胞のターンオーバーが遅れがちになり、肌の健康に影響します。 ・栄養素の不足 栄養素は肌細胞の機能や再生に必要な要素の為、不足することで肌の状態が悪化する可能性があります。 ・皮脂分泌の変化 血行が悪いと皮脂腺の機能も低下することがあります。 これが肌の乾燥を引き起こし、肌のバリア機能を弱めることに。 ・冷えによる影響 低温の環境では血行を悪化させるだけではなく、肌の乾燥や敏感化を引き起こす可能性があります。   寒い冬の肌トラブルを防ぐ為にはどうしたらいい?     ・適度な運動 定期的な運動は血行を促進し、肌のターンオーバーをサポートします。 ・保湿 寒冷な環境下では、保湿が特に重要です。保湿剤を使用して肌の水分を保ちましょう。 ・室温の調整 冷えを避けるため、室内の温度や湿度を調整しましょう。 ・栄養バランス 質の良い食事を摂り、肌に必要な栄養素をバランスよく取り入れることが重要です。...

冬はターンオーバーが遅れがち?

毎日、寒い日が続きますね。 ふと顔に手を当てると頬もひんやりと冷たい…。 冬は気温が低く、血行不良が起こりやすい状態です。 寒い環境では、血管が収縮し、血流が減少することが一般的です。 血行不良は皮膚の表面への酸素や栄養素の供給を減少させ、肌のターンオーバーにも大きく関わってきます。   血行不良による肌リスク     ・酸素不足 血行不良により、皮膚細胞への酸素供給が減ることで細胞のターンオーバーが遅れがちになり、肌の健康に影響します。 ・栄養素の不足 栄養素は肌細胞の機能や再生に必要な要素の為、不足することで肌の状態が悪化する可能性があります。 ・皮脂分泌の変化 血行が悪いと皮脂腺の機能も低下することがあります。 これが肌の乾燥を引き起こし、肌のバリア機能を弱めることに。 ・冷えによる影響 低温の環境では血行を悪化させるだけではなく、肌の乾燥や敏感化を引き起こす可能性があります。   寒い冬の肌トラブルを防ぐ為にはどうしたらいい?     ・適度な運動 定期的な運動は血行を促進し、肌のターンオーバーをサポートします。 ・保湿 寒冷な環境下では、保湿が特に重要です。保湿剤を使用して肌の水分を保ちましょう。 ・室温の調整 冷えを避けるため、室内の温度や湿度を調整しましょう。 ・栄養バランス 質の良い食事を摂り、肌に必要な栄養素をバランスよく取り入れることが重要です。...

オイル美容のメリット・デメリット

オイル美容のメリット・デメリット

オイル美容とは? オイル美容とは、植物由来のオイルを使用して肌や髪のケアを行う美容法のことを指します。 これらのオイルは天然の成分を含んでおり、保湿効果や肌や髪に栄養を与えることなどが期待されます。   オイル美容のメリットとは? オイル美容は保湿効果をはじめ、肌や髪に対して様々なメリットがあります。 保湿効果 オイルは肌や髪に潤いを与え、水分を閉じ込める効果があります。これにより、乾燥からくるかさつきや痒みを軽減し、しっとりとした感触をもたらします。 栄養補給 オイルにはビタミン、ミネラル、抗酸化物質などの栄養素が含まれています。これらの成分が肌や髪に栄養を供給し、健康的な状態を維持するのに役立ちます。 抗酸化作用 多くのオイルには抗酸化物質が含まれており、これが細胞を守り、シワや老化の進行を抑制する効果が期待されます。 マッサージ効果 オイルを使用したマッサージは血行を促進し、リラックス効果をもたらします。これにより、疲れやストレスの軽減が期待できます。 髪へのダメージ補修 髪にオイルを使用することで、ダメージを受けた髪の毛を補修し、ツヤやサラサラ感を取り戻す効果があります。 メイクアップリムーバーとしての利用 オイルはメイクアップを効果的に取り除くために使用できます。メイクアップや汚れを浮かせ、洗顔後にクレンジングする際に利用されます。 オイルは顔や体だけでなく、髪、爪、バスタイムにも使用できるため、多様な美容ケアに活用できます。   オイル美容のやり方 保湿効果が期待されるオイルを、洗顔後の濡れた肌に適量塗ります。 水分を閉じ込め、肌をしっとりと保ちます。軽い質感のオイルがおすすめです。 クレンジング法 クレンジングオイルを使用してメイクや汚れを浮き上がらせ、洗顔後にクレンジングを行います。手のひらで温め、顔全体になじませ、メイクや汚れを浮かせた後、ぬるま湯で洗い流します。 マッサージ法 マッサージオイルとして使用する場合、オイルを手のひらで温め、顔や体に優しくマッサージします。血行促進やリラックス効果が期待されます。   おすすめのオイル アルガンオイル...

オイル美容のメリット・デメリット

オイル美容とは? オイル美容とは、植物由来のオイルを使用して肌や髪のケアを行う美容法のことを指します。 これらのオイルは天然の成分を含んでおり、保湿効果や肌や髪に栄養を与えることなどが期待されます。   オイル美容のメリットとは? オイル美容は保湿効果をはじめ、肌や髪に対して様々なメリットがあります。 保湿効果 オイルは肌や髪に潤いを与え、水分を閉じ込める効果があります。これにより、乾燥からくるかさつきや痒みを軽減し、しっとりとした感触をもたらします。 栄養補給 オイルにはビタミン、ミネラル、抗酸化物質などの栄養素が含まれています。これらの成分が肌や髪に栄養を供給し、健康的な状態を維持するのに役立ちます。 抗酸化作用 多くのオイルには抗酸化物質が含まれており、これが細胞を守り、シワや老化の進行を抑制する効果が期待されます。 マッサージ効果 オイルを使用したマッサージは血行を促進し、リラックス効果をもたらします。これにより、疲れやストレスの軽減が期待できます。 髪へのダメージ補修 髪にオイルを使用することで、ダメージを受けた髪の毛を補修し、ツヤやサラサラ感を取り戻す効果があります。 メイクアップリムーバーとしての利用 オイルはメイクアップを効果的に取り除くために使用できます。メイクアップや汚れを浮かせ、洗顔後にクレンジングする際に利用されます。 オイルは顔や体だけでなく、髪、爪、バスタイムにも使用できるため、多様な美容ケアに活用できます。   オイル美容のやり方 保湿効果が期待されるオイルを、洗顔後の濡れた肌に適量塗ります。 水分を閉じ込め、肌をしっとりと保ちます。軽い質感のオイルがおすすめです。 クレンジング法 クレンジングオイルを使用してメイクや汚れを浮き上がらせ、洗顔後にクレンジングを行います。手のひらで温め、顔全体になじませ、メイクや汚れを浮かせた後、ぬるま湯で洗い流します。 マッサージ法 マッサージオイルとして使用する場合、オイルを手のひらで温め、顔や体に優しくマッサージします。血行促進やリラックス効果が期待されます。   おすすめのオイル アルガンオイル...

冬こそ腸活!

冬こそ腸活!

「腸活」とは? 「腸活」とは、腸内環境を整え、腸の健康を促進することを指す言葉です。 腸活は、腸内細菌のバランスを整え、消化・吸収をサポートし、免疫機能や肌の状態の改善など、全身の健康に良い影響を与えることが期待されています。   なぜ冬は腸活が必要なの? 体が冷えると、腸にもいくつかの影響が及ぶ可能性があります。   血行不良 寒冷な環境や寒冷な体温は、全身の血行を悪くする可能性があります。血行不良が腸にも影響を与え、消化機能が低下しやすくなります。 便通の低下 寒冷な環境で体が冷えると、腸の筋肉が収縮しやすくなります。これが便通の低下や便秘を引き起こす可能性があります。 免疫機能の低下 寒冷な環境での冷えにより、免疫機能が低下することがあります。腸は免疫細胞が豊富に存在し、免疫機能が低下すると腸の健康に影響を及ぼす可能性があります。 腸内細菌叢の変化 体が冷えると、腸内細菌叢(腸内に存在する微生物の集まり)のバランスが崩れる可能性があります。これは腸の健康に影響を与え、消化や栄養吸収に支障をきたすことがあります。 緊張やストレスの増加 冷えることで体が緊張し、ストレスが増加する可能性があります。ストレスが腸の働きに影響を与え、消化機能や蠕動(腸の収縮運動)に影響を与えることがあります。   「腸活」を促進する為に効果的な方法とは?   食事の工夫 腸に良い食事は、食物繊維や発酵食品を含むことが重要です。野菜、果物、穀物、発酵食品(ヨーグルト、キムチ、納豆など)を積極的に摂取しましょう。これらの食品は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。 プロバイオティクスの摂取 プロバイオティクスは、善玉菌を補給するためのサプリメントや発酵食品です。これを摂取することで、腸内細菌叢のバランスを整える助けとなります。 水分補給 十分な水分を摂ることは、腸の健康にも重要です。水分が足りないと便秘などの問題が起こりやすくなります。 一日に必要な水分摂取量は個人差がありますが、一般的には「8×8ルール」と呼ばれる目安が広く知られています。これは、一日に8回、各回約240mlの水を摂るという考え方です。 合計すると、約1.9リットル(約2リットル)になります。 適度な運動 適度な運動は腸の動きを促進し、便通を改善するのに役立ちます。定期的な運動は腸活の一環として取り入れましょう。...

冬こそ腸活!

「腸活」とは? 「腸活」とは、腸内環境を整え、腸の健康を促進することを指す言葉です。 腸活は、腸内細菌のバランスを整え、消化・吸収をサポートし、免疫機能や肌の状態の改善など、全身の健康に良い影響を与えることが期待されています。   なぜ冬は腸活が必要なの? 体が冷えると、腸にもいくつかの影響が及ぶ可能性があります。   血行不良 寒冷な環境や寒冷な体温は、全身の血行を悪くする可能性があります。血行不良が腸にも影響を与え、消化機能が低下しやすくなります。 便通の低下 寒冷な環境で体が冷えると、腸の筋肉が収縮しやすくなります。これが便通の低下や便秘を引き起こす可能性があります。 免疫機能の低下 寒冷な環境での冷えにより、免疫機能が低下することがあります。腸は免疫細胞が豊富に存在し、免疫機能が低下すると腸の健康に影響を及ぼす可能性があります。 腸内細菌叢の変化 体が冷えると、腸内細菌叢(腸内に存在する微生物の集まり)のバランスが崩れる可能性があります。これは腸の健康に影響を与え、消化や栄養吸収に支障をきたすことがあります。 緊張やストレスの増加 冷えることで体が緊張し、ストレスが増加する可能性があります。ストレスが腸の働きに影響を与え、消化機能や蠕動(腸の収縮運動)に影響を与えることがあります。   「腸活」を促進する為に効果的な方法とは?   食事の工夫 腸に良い食事は、食物繊維や発酵食品を含むことが重要です。野菜、果物、穀物、発酵食品(ヨーグルト、キムチ、納豆など)を積極的に摂取しましょう。これらの食品は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。 プロバイオティクスの摂取 プロバイオティクスは、善玉菌を補給するためのサプリメントや発酵食品です。これを摂取することで、腸内細菌叢のバランスを整える助けとなります。 水分補給 十分な水分を摂ることは、腸の健康にも重要です。水分が足りないと便秘などの問題が起こりやすくなります。 一日に必要な水分摂取量は個人差がありますが、一般的には「8×8ルール」と呼ばれる目安が広く知られています。これは、一日に8回、各回約240mlの水を摂るという考え方です。 合計すると、約1.9リットル(約2リットル)になります。 適度な運動 適度な運動は腸の動きを促進し、便通を改善するのに役立ちます。定期的な運動は腸活の一環として取り入れましょう。...

ターンオーバーの遅れが及ぼす肌への影響

ターンオーバーの遅れが及ぼす肌への影響

年齢が上がると、しわやたるみなどの肌変化を感じるもの。年齢肌とターンオーバーの関係は密接で、肌のターンオーバーのプロセスにおける変化が肌に大きな影響を与えることも事実です。 肌のターンオーバーが遅れているかどうかを確認するには、いくつかのサインや症状に注目することが役立ちます。     【ターンオーバーの遅れによる可能性のある兆候とは?】 1.くすみや肌のトーン不均一 ターンオーバーが遅れると、古い角質や老廃物が肌に残りやすくなり、これがくすみやトーンの不均一感を引き起こすことがあります。 2.毛穴の詰まりやブラックヘッド ターンオーバーが正常でない場合、古い角質が毛穴に溜まりやすくなり、これがブラックヘッドや詰まりを引き起こす可能性があります。 3.肌のざらつきや粗さ 新しい細胞が古いものと交代するプロセスが遅れると、肌の表面がざらついたり粗く感じられることがあります。 4.ニキビや吹き出物の増加 古い角質が毛穴を詰まらせることが炎症やニキビの原因になりやすくなります。ターンオーバーが正常でない場合、これらの問題が増加する可能性があります。 5.乾燥や肌荒れ 古い角質が肌に残りやすいと、保湿成分が肌に浸透しにくくなり、乾燥や肌荒れが起こりやすくなることがあります。 6.シワやたるみの増加 ターンオーバーが遅れると、新しい細胞の生成が減少し、肌の弾力性が低下しやすくなります。結果として、シワやたるみが増加する可能性があります。   【ターンオーバーを正常化する為のルーティンとは?】 1.適切な洗顔 強すぎない、刺激の少ない洗顔料を使用し、過度な洗顔は避けます。適切な洗顔で清潔な肌を保ちつつ、自然な皮脂を取りすぎないようにしましょう。 2.保湿 肌を適切に保湿することは重要です。保湿クリームやセラミドを含む製品を使用して、水分をキープし、肌バリアをサポートします。 3.角質ケア 軽い角質ケアは、古い角質を取り除き、新しい細胞の生成を促進します。物理的なスクラブやケミカルピーリングなどを使用しますが、過剰な使用は避けましょう。 4.ビタミンA誘導体(レチノイド)の使用 レチノイドはターンオーバーを促進し、シワやたるみの改善にも効果があります。ただし、初めて使用する場合は医師や専門家の指導を受けることが重要です。 5.適切な栄養摂取 ビタミンやミネラルを含む栄養バランスの取れた食事が肌の健康に寄与します。特にビタミンA、C、Eなどがターンオーバーに影響を与えます。 6.適度な日光対策...

ターンオーバーの遅れが及ぼす肌への影響

年齢が上がると、しわやたるみなどの肌変化を感じるもの。年齢肌とターンオーバーの関係は密接で、肌のターンオーバーのプロセスにおける変化が肌に大きな影響を与えることも事実です。 肌のターンオーバーが遅れているかどうかを確認するには、いくつかのサインや症状に注目することが役立ちます。     【ターンオーバーの遅れによる可能性のある兆候とは?】 1.くすみや肌のトーン不均一 ターンオーバーが遅れると、古い角質や老廃物が肌に残りやすくなり、これがくすみやトーンの不均一感を引き起こすことがあります。 2.毛穴の詰まりやブラックヘッド ターンオーバーが正常でない場合、古い角質が毛穴に溜まりやすくなり、これがブラックヘッドや詰まりを引き起こす可能性があります。 3.肌のざらつきや粗さ 新しい細胞が古いものと交代するプロセスが遅れると、肌の表面がざらついたり粗く感じられることがあります。 4.ニキビや吹き出物の増加 古い角質が毛穴を詰まらせることが炎症やニキビの原因になりやすくなります。ターンオーバーが正常でない場合、これらの問題が増加する可能性があります。 5.乾燥や肌荒れ 古い角質が肌に残りやすいと、保湿成分が肌に浸透しにくくなり、乾燥や肌荒れが起こりやすくなることがあります。 6.シワやたるみの増加 ターンオーバーが遅れると、新しい細胞の生成が減少し、肌の弾力性が低下しやすくなります。結果として、シワやたるみが増加する可能性があります。   【ターンオーバーを正常化する為のルーティンとは?】 1.適切な洗顔 強すぎない、刺激の少ない洗顔料を使用し、過度な洗顔は避けます。適切な洗顔で清潔な肌を保ちつつ、自然な皮脂を取りすぎないようにしましょう。 2.保湿 肌を適切に保湿することは重要です。保湿クリームやセラミドを含む製品を使用して、水分をキープし、肌バリアをサポートします。 3.角質ケア 軽い角質ケアは、古い角質を取り除き、新しい細胞の生成を促進します。物理的なスクラブやケミカルピーリングなどを使用しますが、過剰な使用は避けましょう。 4.ビタミンA誘導体(レチノイド)の使用 レチノイドはターンオーバーを促進し、シワやたるみの改善にも効果があります。ただし、初めて使用する場合は医師や専門家の指導を受けることが重要です。 5.適切な栄養摂取 ビタミンやミネラルを含む栄養バランスの取れた食事が肌の健康に寄与します。特にビタミンA、C、Eなどがターンオーバーに影響を与えます。 6.適度な日光対策...