Beauty Topics

高品質のNMNを贅沢に配合!肌機能を取り戻す TTF lotion & essence

高品質のNMNを贅沢に配合!肌機能を取り戻す TTF lotion & essence

\肌機能を取り戻す為のルーティン/ナイアシンアミドを超える? エイジングケア効果 NMNを贅沢に配合 TTF lotion & essence     年齢と共に減少する、肌の中にある成分アセチルグルコサミンと NMNを低分子化し、贅沢に配合。 ヒアルロン酸を合成すると言われるアセチルグルコサミンが 弾力のあるお肌へと導きます。 NMNって何? 天然保湿因子(NMF)の生成を促進させ、肌のコンディションを整える成分と言われています。 老化防止やエイジングケアと関連性のある遺伝子は「サーチュイン遺伝子」と呼ばれますが、NMNは、そのサーチュイン遺伝子に働きかけて肌のコンディションを高めてくれる成分として注目されています。   オイルフリーなのに、潤い肌が続く角質層へぐんぐん浸透し、角質層全体を潤いヴェールで包み込む。しっとりしたテクスチャーで馴染んだ後はしっとり。オイルフリーなのに潤いで満たされる肌へ。   TTFシリーズの3つの約束 ①自然由来成分を使用 お肌は本来、体内にある成分しか分解する力を持ち合わせていません。石油由来成分は特に分子が小さいためにお肌に残留しがち。肌老化を進めない為に自然由来成分のみで作ることが重要と考えています。 ②原料を業界最小レベル※1にまで低分子化 加齢とともに肌修復機能が失われる為、大切なのは肌内部が潤う力を届ける為成分の浸透性を高めることが大切だと考えています。 ※1角質のすき間よりも小さい分子(200~500ダルトン) ③超純水を使用 真空状態で作られ、医薬品の製造などに用いられる純度の高い水を採用。不純物をほとんど含まない為、肌の補水率が高いことが認められています。効率的に美容成分がお肌の奥へと届けます。   美容成分を角質のすみずみまで素早く浸透※1させる、SMジェニュインテクノロジーR※2で、革新的なスキンケアを ※1角質層まで※2角質のすき間よりも小さい分子(200~500ダルトン)

今話題のCBDって何?

今話題のCBDって何?

今話題のCBDって何?   CBD(カンナビジオール)とは、大麻草の成熟した茎、および種子から採取された成分。 リラックスさせる作用が人気となり、世界中で話題となっています。 違法な大麻とどう違う?安全なの? いわゆる違法大麻は薬物中毒の症状を引き起こすTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分。 CBDとTHCは全く別の成分です。 副作用もほとんどなく、WHOも非常に安全とアナウンスしています。     CBDは何に効くの? ・ストレス軽減 ・不眠の緩和 ・皮膚の様々な症状 (ニキビ、皮膚炎アレルギー、アトピー、やけどなど) どんな商品があるの? ・オイル ・カプセル、パウダー ・嗜好品(ガム・グミ・チョコ・清涼飲料水) ・電子タバコ ・スキンケア商品(クリーム・ジェル・リップクリーム) スキンケア商品は、皮膚の症状が気になるところに。 経口摂取タイプの商品は、ドリンクに入れたり、直接スポイトで舌の下に垂らすやり方があります。   商品は充実しているので、自分に合った商品を探してみるのはいかが? もちろん、使用前には説明文をよく読んで、摂取目安量は守りましょう。   精神的なストレスで悩んでいる方や、不安が強い方、または皮膚の炎症などの症状がある方も是非上手に取り入れて、ストレスフリーの毎日を♪

素材重視のクレンジングで素肌美人を目指そう!

素材重視のクレンジングで素肌美人を目指そう!

肌への優しさを追求した100%植物由来のクレンジング なめらかにするんと落としみずみずしく、うるんだ艶肌へ TTFクレンジングがなぜいいの?▶それは、圧倒的な素材の良さです 一般的なクレンジング材は、メイクを落とすために強力な洗浄力が求められるので、肌に必要な皮脂や角質まで落としてしまう傾向にあります。 これだと、当然乾燥して肌のバリア機能が弱り、余計な肌荒れを招くことにつながります。 TTFクレンジングは使用成分を厳選し、肌に優しく、かつ肌環境を高められるような成分のみ使用。 先々の肌のことを見据えて徹底的に質にこだわりました。 一番のこだわりは植物性油脂をメインに使用していること。   ▶スクワランオイルは、サメ由来ではなく、オリーブ由来です。 オリーブ由来のスクワランは人の皮脂と同じ成分でできているので、肌なじみがとても良く、肌にのせてすべらせるだけでメイクが浮き上がってきます。 実はオリーブ果実から採れるスクワランの量は全体の割合のうち1%にも満たないとても貴重な成分。 コメヌカ油も天然由来。抗酸化作用に優れているので、肌の酸化によって引き起こりやすいシミ、しわ、たるみなどに対してのアンチエイジングに。   【配合成分他一覧】●アスタキサンチン…しみ・シワなど肌の老化の原因となる活性酸素を除去。メラノサイトの活性化やメラニン色素の生成を抑制する働きがあります。 ●トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル…皮膚をなめらかにしたり、水分蒸散を抑えてうるおいを保つ働きがある、刺激が少ない油性原料です。 ●トコフェロール…脂質の抗酸化作用により、肌トラブルの原因となる過酸化脂質の発生を防ぎます。 また、皮膚のターンオーバーを促進する働きもあります。   TTFクレンジングはできるだけ肌に負担をかけないように、保湿効果が高い最低限の成分のみで構成された優しいふき取りタイプのクレンジングオイルです。

今旬の〇〇で美肌に!

今旬の〇〇で美肌に!

今が旬の〇〇 それは、牡蠣です。   美肌作りに欠かせない”亜鉛” それが牡蠣には多く含まれています。     亜鉛の働き >>>細胞の生まれ変わりを助け、皮膚の再生を促進   ▶美肌効果 年齢と共に遅れがちなターンオーバーの周期を正常化し、肌荒れ改善、しみ改善、アンチエイジングに。 ▶ツヤ髪効果 女性ホルモンのバランスを保ち、美髪に導き、美髪を維持してくれる。 抜け毛や髪の毛が細くなってきたとお悩みの方にも。     ▶効果的な食べ方 亜鉛の吸収をサポートしてくれるのはビタミンC レモンを絞ったり、 ポン酢につけて食べることで吸収率アップ。 ビタミンcを一緒に摂ることが美肌効果を高める効果的な食べ方です。 ※加熱用の牡蠣は必ず火を充分に通して食べましょう。 今だけの、旬の味覚✨ 美味しいだけじゃなく、同時に美肌ケアもできる牡蠣を是非食卓に取り入れて♡

化粧水のバシャバシャ使いがNGの理由

化粧水のバシャバシャ使いがNGの理由

化粧水の成分は約80%以上が水分です。 化粧水の本来の役割はお肌の鎮静化が目的なので、「肌につける水分が多ければ多いほどお肌が潤う」という考え方は、実は正解とは言えません。   化粧水はお肌の角質層まで届きますが、お肌自体の中まで浸透するわけではなく、与えた水分の蒸発は防ぐことができません。 水分をたっぷりつければつけるほど、化粧水が乾く時に肌の中の大事な水分や天然保湿因子(NMF)などの保湿成分も一緒に蒸発してしまうので、肌乾燥が進んでしまうことになります。   さらに、化粧水は美容効果があるものでも、肌にとっては刺激になるので、頻繁に化粧水の重ね付けをすると肌の負担になってしまいます。化粧水パックの長時間利用も同様の理由からおすすめできません。メーカーが推奨する使用時間は必ず守りましょう。   化粧水は”適量”が一番肌にいいというお話でした。もちろん、保湿した肌の水分を守る為には、化粧水後にオイルインの美容液やクリームを忘れずに❤

エイジングケアはいつが始め時?

エイジングケアはいつが始め時?

エイジングケアはいつが始め時? エイジングは加齢や老化を表しています。加齢や老化に合わせたケアのことをエイジングケアといいます。加齢や老化に合わせたケアなら20代、30代前半ではまだまだ早いと感じますか? 「老化を実感することはないからまだまだ関係ない」「エイジングケアは年配になって始めるものでしょ?」「実際いつ始めるのか、基準がわからない」そんな声をよく耳にします。 エイジングケアの始め時は「いつからでもOK」です。エイジングサインが出だした時はもちろん、20代のお肌でもエイジングの予防としてエイジングを意識したケアをスタートすることをお勧めします。 エイジングケア=年齢に応じたケア20代であればお肌の老化を遅らせる予防の意味もあります。 いつまでも美肌をキープする為に、年齢に応じたケアをすることはいつからでも早すぎることはありません。20代でも徐々に肌の代謝が落ち、乾燥やハリの低下を感じることも。 エイジングサインが目立ちだしたらエイジングケアの始め時です。 エイジングサインとは?・肌のハリがなくなってきた・たるみやくすみが気になるようになった・目元などの細かいシワが気になるようになった エイジングケアの基本・保湿肌の代謝が落ちてくると皮脂分泌量や肌の保水力が低下します。乾燥はバリア機能の低下を招くため、充分な量の保湿をしましょう。・肌の状態に合わせたスキンケア選び年齢による肌変化で今までのスキンケアが肌にあわなくなってくるなどを実感することがあります。例えば、皮脂分泌量が多い10代のスキンケアをそのまま使ってては必要な皮脂まで落とすリスクもあります。・紫外線対策紫外線UVAは肌の奥にまで届き、肌ダメージが蓄積される為、しわやたるみなどのエイジングの原因となります。紫外線は一年中降り注いでいますので、季節を問わず紫外線対策することをお忘れなく。・正しい食生活身体を酸化させる食べ物を極力とらない。抗酸化作用のある食べ物を取り入れる。一例:かぼちゃ・アボカド・キウイフルーツ・りんごなど いつまでも美肌をキープする為に、今日からエイジングケアを意識してみませんか🌸

1 4