Beauty Topics

化粧品の使用期限について

化粧品の使用期限について

国内のほとんどの化粧品には、使用期限は記載されていません。 ですが、化粧品の成分は変化するということはご存じの通り。化粧品の使用期限は基本的には未開封の状態で3年以内です。一度開封したものは6か月以内。 『適切な保管条件の下で3年以内に品質が変化するおそれのあるもの』には、使用期限を表示することが義務付けられています。 いづれにしても、なるべく鮮度のいい状態で使うことが大切です。時間の経過とともに、劣化することを念頭において丁寧に使っていきましょう。 一度化粧品を開封してしまうと、空気や手指に触れることでホコリや雑菌が混入する原因となります。 ホコリや雑菌が混入してしまうと、製品が変質する可能性もあるので、開封後はお早めに使い切りましょう。 特に気を付けたいのが、口紅やグロス。 直接唇につける化粧品なので、どうしても雑菌が繁殖しやすくなります。使用感や匂いがいつもと違う場合には使用を避けることも必要です。 保管方法について●直射日光を避ける●高温多湿の場所を避ける●蓋をしっかり閉め、密閉して保管するスマイリーメソッドの化粧品は保管の管理を徹底していますので、充分な期限を確認した上でお客様へお届けしています。  

パラベンって危険なの?

パラベンって危険なの?

パラベンって一体どんな成分?   美容に興味がある方なら誰もが耳にしたことがある「パラベン」。悪い成分の代名詞にもなったり、長年槍玉に挙げられてきたこともあって「パラベン=危険」というイメージが定着していますね。 ・・・でも、本当に危険なのでしょうか?危険ということであれば、なぜ危険なのか。どのように人体に悪影響があるのか。パラベンを使用していなければ安全なのか?●パラベンの原料って?パラベンは、石油を精製して作られる合成保存料です。●パラベンの役割って?パラベンは防腐剤です。化粧品は、水や油でできているので雑菌、カビが繁殖しやすい状態です。開封後、常温で保管するものが多く、雑菌などに汚染された状態で使うと、肌トラブルの原因になります。防腐剤は雑菌やカビの繁殖を抑え、腐敗を防ぐ大事な役割を担っています。化粧品は、薬機法で「製造から3年以上品質が安定している化粧品は、使用期限を記載しなくてよい」と定められており、多くの化粧品が未開封で3年以上はもつように作られています。品質を保ったまま、長持ちさせる為防腐剤の使用は不可欠というわけですね。 ●パラベンフリーだと安心?パラベンが入ってなくても、ほとんどは別の防腐剤が入っています。代表的なものは植物由来のフェノキシエタノール。自然派化粧品メーカーを謳っているところはこの防腐剤を使用しているところが多いですが、体への悪影響はパラベン以上だという研究結果も出ています。腐敗しないよう防腐剤を使用しなければいけないけど、パラベンは嫌われ者なのでカムフラージュ・・・として使われているようにも見受けられます●パラベンがなぜ嫌われるのか?パラベンの副作用として、湿疹やアレルギー反応の可能性があると言われています。ただ化粧品での使用量は0.1~0.5%ほどの用量。全体の割合から言って私たちの体に入る量は微量である為パラベンを含む化粧品の危険性でいうと、ほぼ心配ないレベルと言われています。 パラベンを誤解しないでほしいパラベンは石油由来とはいえ、人体に対する毒性が低く、微生物、特にカビや酵母に対して効果的であるために良く使用されています。むしろ、雑菌が繁殖した状態で化粧品を使用し、肌トラブルを引き起こすことのほうがよっぽど怖いんです。化粧品に限らず、食品などにも100年以上も使い続けられ、そして今も使われています。パラベン=悪ではないということの何よりの証拠です。

無添加化粧品なら安心?

無添加化粧品なら安心?

無添加化粧品は、化学成分や添加物が全く使われていない100%天然由来成分でできている?   答えは、NOです。無添加化粧品とは、旧表示指定成分が入っていない化粧品のことです。 【旧表示指定成分とは】薬事法によって指定されていた、アレルギー等の皮膚トラブルを起こす可能性のある102種類の成分のことです。言い換えると・・・その他の危険な成分、防腐剤や石油由来の化学成分を使用していても、無添加化粧品と謳うことができるんですね。合成成分の化粧品が危険なら自然のものを使いたいと思うのは当然のことですが、残念ながら肌に不安な成分は旧表示指定成分だけではありません。【危険成分一例】●合成界面活性剤…ラウリル硫酸Na、トリエタノールアミンなど●鉱物油(石油由来)…ミネラルオイルなど●合成着色剤…赤色〇〇号、黄色〇〇号など無添加化粧品だから安全だとは限らないんです。 無添加化粧品と自然派化粧品の違いは?●無添加化粧品=旧表示指定成分が入っていない化粧品●自然派化粧品=植物エキスを抽出した成分を多く使った化粧品自然派化粧品は植物エキス配合ですが、その中には不純物も含まれているし、肌によくない成分もあります。天然成分100%のスキンケア化粧品は存在しません。つまり・・・いくら天然成分配合でもその化粧品が安全だとは言い切れないのです。 まとめ無添加化粧品も自然派化粧品もネーミングでつい惹かれてしまうのはわかりますが、まずは成分を確認し、その成分が肌にどんな影響があるのか、配合成分の性質を見極める必要があります。気持ちよく化粧品を使うために、体に害がなさそうな成分で構成された化粧品を選びましょう。

スキンケア選びのポイント

スキンケア選びのポイント

チェックすべきポイント   今使っているスキンケアで満足してますか?決まったものはなくて短期的に色んなメーカーの化粧品を試して自分に合ってるものを探している?美容にかけられるお金が限られているので身近に手に入るものでよしとしている?長年同じメーカーの化粧品をライン使いしている? 美容に対する価値観は人それぞれです。これでよしとする美容効果についての基準ラインも人それぞれです。でも、いくら使い続けてもスキンケア商品パッケージの謳い文句のような変化がない。むしろ肌環境が悪くなった。肌トラブルが起こるようになった。などの声も少なくありません。他の人に良い商品だと勧められたのに私の肌には合わない。という場合もあります。世の中には色々な美容情報が溢れているので何が正しいのかわからなくなることもあるでしょう。 ここでスキンケア化粧品を選ぶ上での基本を見てみましょう。すでに知識がある方も今一度おさらいをしましょう。 【成分を確認する】 スキンケア化粧品は大きく4種類で構成されています〇基本成分(ベースとなる部分)〇有効成分(シミや毛穴汚れなどお肌の悩みに働きかける部分)〇香料、色素などの成分(香りや感触などの部分)〇品質を保つ為の成分この基本を踏まえた上で、購入前には下の3つの項目をチェック①肌に刺激を与える可能性のある成分が入ってないか×合成界面活性剤、合成ポリマー、鉱物油、合成香料など②肌悩みを改善する為の効果的な成分が入っているか★シミに効果的な成分ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸など★シワに効果的な成分純粋レチノール、ニールワン、ナイアシンアミドなど★毛穴の黒ずみに効果的な成分サリチル酸、アミノ酸、フルーツ酸など③保湿成分は十分はいっているかセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸、スクワランなど化粧品は全成分表示がルール化されたので、成分は外箱や容器に記載されており、購入前に手に取って確認できるようになっています。自分の肌に直につけるものです。魅力的な広告に惑わされず、しっかり成分を確認しましょう。 スキンケアは毎日の積み重ねです。即効性がないからといって効果がない。「はい、次!」となるのは考えものですね。即効性があるものはそれだけ体に負担をかけてると考えてよいでしょう。よい成分はターンオーバーを繰り返してちゃんと綺麗な肌にしてくれますので、焦らず長い目で付き合ってあげてくださいね。もちろん、長く使えそうかの判断については、コスパの面や、使用感、香りの部分の好みもあります。スキンケア化粧品は長く付き合っていくものですので、自分の肌にじっくり向き合って変化を楽しみましょう。万が一の為、フェイスへの使用前にパッチテストを行い、体に合っているかの確認も忘れずに。

1 4